Medical Center

視能訓練士の彼是|一流の訓練士を目指しているなら必見

需要が高まっている仕事

仕事内容や試験について

男の人

近年視能訓練士の需要が高まっています。視能訓練士とは、人間の大切な器官である目を適切に機能させることを補助する人のことです。眼科や総合病院、学校の検診などで視能訓練士は活躍しています。視能訓練士の仕事は大きく3つに分かれます。まず1つ目は検査業務です。特殊な器具を使用して視力や眼圧、視野、色覚などを検査します。この検査結果をもとに眼科医は治療方針を決めていくので、非常に重要な仕事であると言えます。検査を行う上で使用する器具は、専門的な知識や技術を必要とします。したがって視能訓練士は、高度なスキルを持っておかなければなりません。2つ目は視能矯正業務です。視能矯正とは、弱視や斜視などの正常な目の機能ができない状態を改善させることを目的としています。視能訓練士は医者と連携し、問題を抱える患者の対応に当たります。3つ目はリハビリ業務です。これは特にお年寄りに向けた業務で、ルーペなどの適切に物を見るための道具を使いこなすことを指導します。視能訓練士になるためには、国家試験を受験し、合格する必要があります。そしてその国家試験を受験するには、受験資格が必要です。国家試験の受験資格は、専門学校や大学などの視能訓練士養成課程を修了することです。また大学や短期大学で指定の科目を履修し、視能訓練士養成施設で1年間学ぶことでも受験資格を得ることができます。国家試験の試験科目は、基礎医学大要、基礎視能矯正学、視能検査学、視能障害学および視能訓練学です。学校で適切に学んでいれば、ほとんどの場合合格することができます。

知識と集中力と体力が必要

カウンセリング

視能訓練士の国家試験は、専門学校や大学の養成コースで基礎分野から専門分野まで学習することで、受験可能となります。また基礎分野においては、看護師および保育士の養成学校でも学習できます。したがって、その後専門学校に編入して専門分野を学習することも、国家試験受験までのルートのひとつとされています。いずれの場合も国家試験では、視能における検査と訓練、矯正方法についての問題が出されます。全150問で、全て5つの選択肢の中から正解を見つけるという、マークシート形式での選択問題となっています。トータルで90問以上正解すると合格となり、視能訓練士の資格証明書が発行されます。つまり6割正解できれば良いということですが、試験時間が4時間と長いので、受験までに知識だけでなく集中力と体力も身につけておくことが大事です。また視能訓練士の国家試験は毎年2月に実施されているので、多くの学生が受験前に、資格取得見込みということで就職活動を終えています。合格した場合には4月から視能訓練士として就職できますが、不合格となった場合は必然的に内定取り消しとなるので、注意する必要があります。国家試験の実施回数は年1回なので、再受験が可能となるのは約1年後です。その間就職浪人となることを回避するためにも、養成コースのある専門学校や大学では、国家試験対策がしっかりと行われています。中には、国家試験と同じ形式での模擬試験を毎週実施しているところもあるのです。

養成コースの実習で

勉強道具

視力低下者は、自力で安全に移動することが困難となっています。目の前の状況を確認しにくいため、歩行中に障害物にぶつかったり、段差で躓いたり落下したりするリスクが高いのです。これによる怪我で移動が一層困難になることも少なくないので、視力低下者の多くが視能訓練士の指導の下、リハビリを行っています。具体的には視能訓練士は、杖や歩行ナビゲーション機能のある端末の使い方を説明します。その上で、段差などを設けた歩行訓練用のスペースで、それらを実際に使うための訓練指導を行うのです。訓練中に危険がないように十分にサポートしますし、さらに視力低下者の家族に対しても、サポート方法を指導します。これにより視力低下者は、社会で比較的安全に生活できるようになるのです。間違った指導は、視力低下者の社会生活でのリスクを一層高めることになります。そのため視能訓練士自身、正確にリハビリ指導を行うための訓練を受けなければなりません。そもそも、法律で決められている指導訓練をクリアしなければ、視能訓練士になること自体できないのです。指導訓練は、視能訓練士養成コースのある専門学校や大学で受けることができます。杖や端末はもちろん、歩行訓練用スペースも用意されているので、それらを駆使した実習で徐々に技量を高めていくことができます。また視能訓練士の養成カリキュラムには、最終段階としての臨地実習が組み込まれています。実際に視力低下者に対してリハビリ指導を行い、実力が認められた場合に、視能訓練士の資格認定試験を受験できるようになるのです。