Medical Center

視能訓練士の彼是|一流の訓練士を目指しているなら必見

視能に関わる医療の資格

試験の難易度と合格率

眼

眼科診療においてあらゆる検査を担当する視能訓練士は、医療系の国家資格に分類されます。受験資格を得るためには全国25ヶ所にある養成学校で必要な学習内容を履修する必要があり、その養成学校に入るためには高校を卒業しておかなければなりません。視能訓練士は視能検査だけでなく訓練にも従事することができるため、一般的な眼科のみならずリハビリテーション施設などでも求められています。また、弱視や斜視など生まれつき見え方に問題のある子供や病気や怪我などで視能が低下した高齢者などあらゆる年齢層を相手にする職業でもあります。医療系の国家資格と言うと難しいイメージが持たれがちですが、視能訓練士に関しては比較的難易度が低くなっています。そのため、合格率は高く毎年9割程度を誇ります。しかし、合格率が高いからと言って取得が楽な国家資格という訳ではありません。合格するには、専門の養成学校でしっかりと勉強して必要な知識を身につけていることが前提となるのです。言い方を変えれば、専門の養成学校で必須科目を確実に勉強しておけばほぼ確実に取得できる国家資格ということになります。視能訓練士の国家試験で出題されるのは、基礎医学概要と基礎視能矯正学です。また、視能検査学や視能訓練学や視能障害学からも出題されます。出題方法はマークシート方式で、複数の選択肢の中から正しいものを選びます。全部で100点満点となっており、合格のラインは60点と決められています。

大学や専門学校を利用

女の人

視能訓練士を目指す方は、高校卒業後、2通りのルートが選べます。その1つが、大学に入学をして専門的な教育を受ける方法です。医療系の学科、コースを設置する大学では、視能訓練士を目指せるよう効率的な教育が行われます。大学の場合は、他の一般教養科目も習得する必要が出てきますが、卒業時に学士として扱われるのが専門学校との大きな違いです。もう1つのルートが、専門学校を利用して学ぶ方法です。視能訓練士になるためのコースは、専門学校でも多数用意をしています。専門学校の場合は、国家試験に必要な科目が教育のメインになり、短時間で国家試験に合格出来るだけの内容が習得出来ます。そのため、大学よりも学習期間が短く、約3年で卒業が出来る専門学校も見られます。こういった学校で専門的な教育を受けたのち、視能訓練士の志望者は、毎年1回行われる国家試験を受けることになります。国家試験合格後は、視能訓練士の資格が取得出来、プロとして医療機関で働くチャンスが得られます。最近の学校の中には、就職のサポートまで行うところがあり、現場に出るまでのルートも明確です。養成を行う大学や専門学校では、現場に出てからすぐに役立つような実習の機会を設けます。従って、実際に就業してからの行程が非常にスムーズです。既に一定のトレーニングを経ているため、座学と現場での実践との間で戸惑うことが少なくなり、幸先の良いスタートが切れるのが、視能訓練士の仕事です。

国家資格にチャンレンジ

男性

1970年代に制定された資格で、眼科で視能検査と共に斜視や弱視の訓練や治療をする職業が視能訓練士です。視力や眼球運動、眼圧などを検査し、超音波や写真撮影、生理光学などの仕事に携わります。また、乳幼児や老人など幅広い層を対象とした職業です。視能訓練士はこのように特殊な分野の職業なので、専門的な知識が必要です。高卒の場合は3年以上、短大、大学、看護学校卒業の場合は1年以上の所定の教育課程を受ける必要があります。その後、年に1回行われる視能訓練士の国家資格に合格しなくてはなりません。そのために全国に25箇所ある視能訓練士養成施設に入学して、専門的な技能や知識を勉強していきます。視能訓練士の国家資格の内容は、基礎医学大要、基礎視能矯正学、視能検査学、視能障害学及び訓練学です。必要な知識を働きながら、もしくは他の学問を修得しながら学ぶ方も多いため、夜間の学科も開校されています。また、不足分は通信教育でまかなえる制度もあります。解剖生理学や心理学などの基礎的な医学を学びながら、視能矯正学や生理光学などの視能に関する専門分野も勉強していきます。公衆衛生学や精神保健など人間関係についての知識も深めていきます。また、具体的な検査の実習を行うことで技術力も身につけることができます。このように視能訓練士を養成する施設は教育内容が多岐に渡りたいへん充実しています。目を酷使する現代は視能訓練士の需要が増えています。視能訓練士は女性が多く、活躍の場も安定性のある病院なので、たいへん人気のある職業です。