Medical Center

視能訓練士の彼是|一流の訓練士を目指しているなら必見

視力のプロフェッショナル

医療機関などで就業

メンズ

医療機関で働く視能訓練士が、力を発揮出来るのが検査業務です。眼科の病院では、眼の病気を治療するために様々な検査が行われます。大きな病院や専門病院には多くの検査機器が設置されており、視能訓練士が担当する業務も増えます。一般的な視力検査以外にも、色々な検査があるのが眼科診療です。視能訓練士の資格を取得するプロセスでは、このような専門的な眼科検査についても一通り学びます。在学中から実習の機会が豊富で、各種検査の進め方や対応の仕方などは、就業する段階でほぼマスター出来ている状態です。視能訓練士の仕事は、検査に留まらず、リハビリまで及ぶため効率の良い学習が必要となってきます。視能訓練士が担当する検査としては、視野や角膜の検査が1例として挙げられます。こういった検査は、眼の病気を早期発見するために不可欠です。専用の機器を使用して検査が行われますが、各プロセスを誘導する視能訓練士の存在は非常に大きいものになります。眼の状態を調べる超音波検査なども担当し、眼科診療の主要なスタッフとして重要な役割を担っています。その他、眼底検査や色覚検査などが視能訓練士が担当する業務に当たります。生活習慣病や先天性の障害などを調べるのも、視能訓練士の役割です。医師の指示の元、治療や診断の参考になるような検査資料を提出することが、検査を担当する視能訓練士の仕事です。メガネやコンタクトレンズの販売店に比べて、医療機関で働く視能訓練士の業務は多様です。

検査や訓練における技術

相談

視能訓練士になるためには、視覚生理学や神経眼科学などにおける専門知識が必要となります。いずれも視能訓練士の国家試験で、必ず出題される内容なのです。そのため視能訓練士の養成課程のある大学や専門学校では、これらにおける座学が徹底的に行われます。そして座学に加え、視能検査や視能訓練を行う技術を身につけるための実習も行われます。国家試験には実技試験はないのですが、資格取得後に視能訓練士として働くようになった時には必要となるのです。実習には学内実習と臨床実習とがあり、前者は基本的に大学内や専門学校内で学生同士で行います。そして学内実習に慣れると、医療現場に赴き臨床実習を行うことになるのです。白衣を着用し、実際の患者を前で実習するので、緊張感が伴う分、技術を会得しやすいと言えます。また臨床実習は、幼稚園や保育園などで実施されることもあります。園児を対象とした裸眼視力検査などを行うのですが、これにより視能訓練士の業務のひとつの乳幼児健診の技術が身につきます。さらにコミュニケーション力や、視能について園児にも理解できるように説明する力も養われます。こういった臨床実習は、通常は修業年限の最後の年に行うことが一般的となっています。具体的には、大学の場合は4年目、3年制の専門学校の場合は3年目となります。ただし専門学校には1年制のところもあり、そこでは多くの場合、後期に臨床実習ができるようカリキュラムが組まれています。

国家資格です

視力検査

健康や医療に関する仕事にも多くの種類がありますが、視能訓練士も注目されている資格のひとつです。視能訓練士は眼科医の指示のもとで視能検査を行ったり、視能の矯正やリハビリの指導を行う眼科における専門技術者です。視能矯正では弱視や斜視の機能を改善する訓練を行ったり、眼科疾患の早期発見、早期治療を行うために集団検診に参加することもあります。日本では高齢化社会が進んでいることもあり、目の疾患や不調で悩む人は多く、今後さらに需要が高まることが予測されます。視能訓練士にはどのようにしたらなれるのかということとなりますが、まずこの資格は国家資格となりますので、年に一回行われる国家試験に合格する必要があります。そして、誰でも試験を受けられるというわけではなく、受験資格も必要となりますので、こちらも確認しておきましょう。まず、高校卒業の人は指定された視能訓練士要請施設で3年以上学ぶ必要があります。さらに短大卒以上の人は視能訓練士養成所に一年以上修業し、必要な知識や技術を習得します。さらに海外で視能訓練士の学校で学び免許を取得しているという場合は、日本の視能訓練養成所と同等の技術があると厚生労働大臣に認定されれば受験資格を得ることができます。資格試験の合格率は他の医療関係の資格と比較して高い合格率となっています。視能訓練士の資格取得後の活躍できる分野は眼科や大学病院、リハビリ施設などあります。他にも、総合病院、医療系企業といった場所でも活躍できます。