Medical Center

視能訓練士の彼是|一流の訓練士を目指しているなら必見

視能訓練とは

ますます高まる需要

目元

視能訓練士という聞き慣れない肩書があります。最近の眼科医療では、この視能訓練士が重要な役割を担うようになってきました。目の病気や怪我の治療は、技術革新に目覚ましいものがあります。今まで不治の病とされた眼病であっても、治療方法が見いだされて治癒する事例も増えているのです。しかし、それ故に、専門機材の扱いやリハビリに特化した技術者が必要になってきたのです。病気や怪我を治療するという医師の行為の他に、それに付随した多くの仕事が必須となっているのです。その仕事の多くは、これまで医師が担当していましたが、より専門知識を持つ人材が不可欠になってきたのです。医療行為の中で、最も重要なのは患者を治療することですが、それをサポートする体制が整っていなければ、正当な治療は行えません。病院には、医師の他に看護師や衛生検査技師、薬剤師などの人材が必要です。眼科医療においては、視能訓練士がこの位置に登場しています。確実な治療には、正確な検査や経過観察、予後のリハビリなどが重要です。視能訓練士は、眼科医療において、この点を二人三脚で行っているのです。これまで、眼科医と素人の助手だけで担っていた業務に、視能訓練士が関わることで、よりレベルの高い眼科治療が実現します。医療の世界に看護師が不可欠であるのと同じように、眼科医療においては、視能訓練士が確実に必要になってきているのです。今後は、眼科院ではお馴染みの存在となるでしょう。

繰り返し行われる実習

レディ

視能訓練士とは、視能における検査と、それを高める訓練のサポートとを行う専門職です。特に乳幼児健診や生活習慣病予防健診などにおける視能検査は、視能訓練士の業務の中でも重要とされています。なぜならそれにより、多くの人々の視能低下を防ぐことが可能となるからです。眼科を受診する人のほとんどが、視能における異常を感じ取った人ですが、健診でなら異常の発生前に兆候を確認できます。兆候のみという段階で、いち早く治療や視能訓練を開始すれば、正常な視能を維持しやすくなるのです。そのため視能訓練士を目指す学生を養成している施設では、この集団視能検査における実習に特に力が入れられています。学生たちは、乳幼児や成人、高齢者など対象を細かく想定した上で、視能検査のシミュレーションを繰り返し行うのです。シミュレーションとはいえ、もちろんクロスシリンダーや瞳孔計といった視能検査の道具を実際に使用することになります。また、最初のうちは学生同士での実習を行いますが、ある程度の知識と力量とが身につけば、集団視能検査の現場で、視能訓練士の下で実習をすることも可能となります。こういった実習を1〜3年かけて何度も行うことで、養成施設の学生のほとんどが、集団視能検査のエキスパートとして成長します。そして卒業とほぼ同時に視能訓練士の国家資格を取得し、視能に問題を抱える人が増えることを防ぐために、社会で力を発揮することになるのです。

検査や指導がメイン業務

勉強

視能訓練士の仕事は、眼科医の指示のもと、目に関する検査全般や機能回復するためのトレーニングを指導などがあります。視能訓練士は、目に関する専門知識を必要とする専門職で、視能訓練士の国家資格に合格する必要があります。資格取得後は、眼科やリハビリセンター、保健所など、活躍の場は多くあります。検査業務では、視力や眼圧、色覚、視野等の検査を専門の器具を用いて行い、検査結果を眼科医に渡します。眼が見えにくい場合、近くが見えないのか遠くが見えないのか、暗いところだと見えないのか、歪みがあるということなのかなど、さまざまな要因が考えられます。視能訓練士は、さまざまな器具を利用して症状の原因を検査します。視能訓練士は治療は行いませんが、眼科医は検査結果に基づき治療方針を決定するので、眼科医と協力体制を組んで患者に対応していきます。視能矯正では、弱視や斜視により両眼の機能が正常に行われていないケース等において、正常な視力の獲得を行うための指導や訓練を行います。特に目の成長途中である子どもは訓練によって正常な視力を得られることが期待できるため、視能訓練士による適切な指導が大切になります。視能訓練士の指導は、高齢者に対してのリハビリ業務もあります。緑内障や糖尿病など、高齢になると多くなる眼の疾患への対応や、生活していく上で見え方に問題が出てくるようになった高齢者に対してルーペや短眼鏡などの使い方を指導していきます。